自宅で簡単にできる結婚指輪の手入れ方法

自宅でできる結婚指輪の手入れ

結婚指輪は毎日身につけているので、お手入れをしない人が多いのですが、毎日身につける物だからこそきちんとお手入れをして、少しでも長くつけていられるように状態を保つことが大切です。
結婚指輪は、自宅で簡単にお手入れができます。
素材によって方法が異なるので、まずは指輪の素材を確認しましょう。
プラチナの場合、普段は乾いた布で汗や汚れをふき取る程度で十分ですが、汚れが気になる場合はジュエリークリーナーや抽選洗剤を使用して汚れを取り、その後はしっかりと水洗いをして乾いた布で拭きます。
金の場合は、中性洗剤を溶かしたぬるま湯に指輪を浸けて、いらない歯ブラシなどで優しくこすります。
プラチナ同様柔らかい素材なので、歯ブラシをゴシゴシとあてないように気を付けましょう。
柔らかい布を使ってこする程度でも大丈夫です。
シルバーの場合は、時間が経つにつれて黒くなってしまうので、シルバーアクセサリー用のクリーナーや銀磨きクロスなどを使用して磨きましょう。
市販で手頃な価格で売られているのでおすすめです。
専用のクリーナーを使用した方が、汚れが綺麗に取れます。
どれも簡単な手入れ方法ですが、これをしておくだけで十分長持ちします。
結婚指輪は一生ものです。
だからこそ綺麗な状態を長く保つためのケアは重要ですね。

金属アレルギー対応の素材で結婚指輪をつくる

結婚指輪の素材に利用されるものといったら、金、銀、プラチナといった貴金属が中心です。
特に金とプラチナは結婚指輪の定番です。
まず銀は空気中の硫黄と反応してすぐに黒くらい変色してしまいます。
その一方、金やプラチナは変色にも強く長い間その輝きを保っているため、結婚指輪の素材として大変人気です。
また、銀よりも金、金よりもプラチナの方が希少価値が高いので その点においても、せっかくだから高価なものをと考えて決める方は多いです。
しかし最近では金属アレルギーの方もいるために、それ以外の金属を選ぶ方もいます。
例えばチタンなどがその代表です。
先の三種類よりアレルギー反応を、起こす可能性は低く、安全性につけることができます。
しかし加工が難しいことや、工業用での仕様が多いため、イメージ的に好まれません。
そこで最近ではタンタルやハフニウムといった金属を使う方もいます。
どちらも金属アレルギーをおこしにくく、きれいな光沢があり高級感もあります。
実際希少価値も高く値段も高いですが、個性的なものを探している方にはぴったりかもしれません。