実は三人に一人は紛失経験ありの結婚指輪

実は三人に一人は紛失経験ありの結婚指輪

結婚指輪をしていると言うことは、夫婦であることを二人の間で確認するものであると共に、既婚者であることを周囲の人たちに示すものでもあるため、夫婦でいる間は大事にし続けるべきものですし、できれば常にはめておく方が望ましいと言えます。
しかし実際には紛失してしまう場合も多く、何と既婚者の三人に一人は結婚指輪を紛失したというデータがあるほどなのです。
確かにトイレ掃除や炊事、お風呂といった水に触れる場面では、衛生面を気にかけたり、大事な結婚指輪を傷めないようにと思って、一時的に外すという人は少なくないでしょう。
そういった場合に紛失しないためには、外した時にはここに置くという置き場所を家の中に用意しておいたり、外出時であれば常に外した指輪を入れるケースを持ち歩くなどの方法が有効です。
また外すことはないという人でも、自分の指の太さが以前よりも細くなったため、知らない間にスッポリと指から抜けてしまう場合もあり得ます。
そうならないためにも、指が細くなって指輪がゆるくなってきたと感じたら、できるだけ早くサイズを直すことが肝心です。

結婚指輪をなくした時の言い訳

結婚指輪は夫婦の間の愛情と絆の象徴と言えるアイテムでねただのファッションアイテムとは全く異なる重要な存在と言えるでしょう。
ただそれを掃除や水仕事などの際に外すこともあるでしょうし、例え外さないでいても、指が細くなっていて築かないうちに抜けてしまったりなど、なくしてしまうきっかけがあるのも確かです。
その場合に配偶者に対して正直に言ってしまうことで、二人の関係に波風を立てたくないと思い、内緒で同じ指輪を購入する、または作ろうと思う人もいるでしょう。
そしてその間に配偶者に結婚指輪をしていないことを気付かれた時には、言い訳を考えておいた方が焦らずに済みます。
言い訳として当たり障りがないのは、例えばサイズが合わなくなったから調整に出した、破損してしまったから修理に出したといったように、ある程度の日数結婚指輪をしていなくてもおかしくないものです。
新しい結婚指輪が手に入るまでに時間がかかる場合に、仕事場に忘れてきたなどの言い訳と比べて、時間稼ぎがしやすいという利点があります。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>