結婚指輪の相場と選ぶポイントは?

Marriage Ring

結婚が決まると、まず男性が女性に贈るものは婚約指輪です。
婚約指輪に関しては、給料の3ヶ月分であるという説がとても有名ですが では、その後にお互いに交わす結婚指輪の相場はどれくらいなのでしょうか? 結婚指輪は婚約指輪の後に贈り合うものなので 金額はかなり現実的です。
つまり、あまり高額なものを選ぶ方は少ないということです。
結婚指輪を選ぶポイントとして1番にあげられているのはデザインです。
男性もつけるものなので、まずは2人で好みのデザインを選ぶといいでしょう。
2番目にあげられるのは素材です。
毎日つけるものなので、プラチナや金といった素材が好まれています。
女性は指輪をしたまま水仕事をすることもあるだけに 石が付いたタイプより、カットなどのデザインが施されたものを選ぶ方が多いようです。
そして3番目にあげられるのは価格です。
相場としては10〜20万円のものを選ぶ方が多いです。
まずは好みのデザインを選んで、素材を確かめて、設定した価格に見合うものが 結婚指輪を上手に選ぶポイントだと言えます。
後は、長い年月をかけて使われるものだけに つけ心地も大切なポイントの1つに加えるといいでしょう。
2人で選ぶようにして、お互いに納得のいくものを選びたいものです。

結婚指輪をはめる場所について

婚姻をするという証と契約の意味を持って結婚した夫婦が身につけているのが結婚指輪であり、多くの場合は左手の薬指がはめる場所として知られています。
また、婚約指輪も同様に左手の薬指がはめる場所として知られているのですが、何故左手の薬指なのかというその意味を知らない人も多いです。
そもそも両手のそれぞれの指には場所によって指輪をはめる際に意味を持っており、指輪をはめることによってその意味を表しているとされています。
では左手の薬指にはどのような意味があるのかというと、「愛の絆を深める・願いを実現する」という意味を持っています。
つまり婚約・結婚をして愛を深め、夫婦になるという願いを実現しますという意味を表しているということから、左手の薬指にそれぞれの指輪を付けるという意味に繋がるわけです。
ちなみに指輪交換してからの婚約指輪については左手の結婚指輪に重ねて身につけるというのが正式な方法であるとされており、人によっては婚約指輪と結婚指輪を両方身に付けているという人もいます。
そして指から外した結婚指輪の保管場所に関しては特に決まりはなく、身につけておいてもいいですし自宅のどこかに保管してても特に問題はないとされています。

結婚指輪のことについて調べるならコチラ

鍛造の結婚指輪と婚約指輪のオーダーメイド

結婚指輪 大阪